狭いバルコニーでの育て方,ガーデニング,育て方,マンション

狭いバルコニーでの育て方

スポンサードリンク

ガーデニングとは一軒家の広い庭で行う物だと思っていませんか。
最近はマンション等のバルコニーで行うガーデニングも流行っているのです。
小さい空間をどの様にうまく使うかが、バルコニーガーデニングのポイントでしょう。

 

バルコニーガーデニングには、メリットもあります。
まず、梅雨や雨を避ける事が出来るのです。
庭でガーデニングをすると梅雨の時期は植物にダメージを与えてしまいがちですが、バルコニーなら屋根に守られているので安心して育てる事が出来ますよね。

 

また、バルコニーは外から少し隔離された場所にあります。
その為、害虫の発生も防ぐ事が出来ますし、勿論雨や湿気による根腐れも防ぐ事が出来るのです。

 

バルコニーガーデニングで多いのが、コンテナガーデニングです。
コンテナに数種類の植物を置いて育てるスタイルはとても流行っていますよね。
狭いスペースでも有効に使う事が出来、デザインの幅も広がります。

 

コンテナガーデニングのポイントは、出来るだけ同じ性質のものをそろえると言う事と、植物の高さを選びながら飾ると言う事です。

 

ハンギングバスケット型も流行っています。
これは、軽いタイプの植木鉢に草木を植えて、壁につるしたりかけて楽しむタイプのガーデニングです。
コンテナを置けないバルコニーやスペースがあまりない場合も楽しむ事が出来るでしょう。

 

また、ハンギングバスケットは植物の風通しが良く、ムレずに育てる事が出来ます。
風通しが良すぎて植物が乾燥してしまう場合もあるので、育てる場合には出来るだけ丁寧に水やりを行ってください。

 

この様にバルコニーでも工夫をすれば楽しくガーデニングを行う事が出来るのです。
貴方もバルコニーでガーデニングを初めて見ませんか。

スポンサードリンク