ガーデニングのレンガの種類と敷き方、バスケットウィーブ

レンガの種類と敷き方は-楽しいガーデニング

スポンサードリンク

ガーデニングを彩るために定番なのが、レンガですよね。
レンガ敷きを行うだけで、落ち着いた雰囲気の庭となるでしょう。
レンガは、種類も豊富なので自分の庭にあったレンガを選びましょう。

 

代表的なレンガは、大きく分けて4種類あります。

 

ジャックオンジャックは普通に均等に敷き詰めた形のレンガです。
同じ方向を向いていて、初心者でも置き易いのではないでしょうか。

 

ランニングボンドは、上下が少しずれているタイプです。
横一列は同じ向きで、一段飛ばして上と全く同じ様に敷き詰められています。

 

バスケットウィーブはは、2段ずつ組み合わせており正方形に様々な形に敷き詰められています。
それだけでもとてもお洒落な印象となっていますよね。

 

ヘリンボーンは、くの字形にたくさん敷き詰められたタイプです。
少し個性的で、お洒落なタイプなのでは無いでしょうか。

 

ピンホイールもヘリンボーンと似ていますが、こちらも少し変則的になっています。

 

ホウレッドは、放射線状になっていてとても個性的なレンガです。
円形に飾るとぴったりのレンガだと思います。

 

この様に、レンガの敷き詰め方だけでも沢山の形が有るのです。

 

レンガを実際にに庭に敷き詰めるには、ドライモルタル工法とウエットモルタル工法を選んで敷き詰める必要があります。
それぞれ自分の庭にあった方法で敷き詰めてみましょう。
ドライモルタル工法はやり直しがきくので、初心者にお奨めです。

 

レンガを敷き詰める前には、土固めを行い更地を作り、糸水を張り、地面を平らにする必要があります。
そこからレンガを敷き、ゴムハンマーでレンガを落ち着かせ、隙間にけい砂を入れて徐々に固めていくのです。

 

難しいかも知れませんが、実践をしてみると以外に簡単にレンガを敷きつめる事が出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク