日陰でのガーデニング,室内,植物

日陰でのガーデニングで気をつける事

スポンサードリンク

植物や花などを育てていく上で、いくつか注意しなければならないことがあります。特に日当たりは、成長を左右する大切な事柄ですので、しっかりと配慮しなければならないといえます。

 

それでは、日陰でのガーデニングで気をつけたい、3つのことについて取り上げていくことにしましょう。

 

まず1つ目ですが、日陰で育てる場合は、日当たりが悪くても元気に育つ植物や花を置くということです。

 

一言で日陰といっても、日照時間は様々です。場所によっては1日中全く日が当らないところもあるでしょうし、数時間から半日なら日が当たるところもあるといえます。

 

ということは、育てることができる植物も、おのずと変わってくるということになります。

 

ですから、これからガーデニングを始める初心者さんは、植物や花を置く場所の日当たりについて、把握しておくようにしましょう。

 

2つ目ですが、水はけ対策を施しておくということです。日陰になってしまう場所は、比較的湿気が多く、風通しが悪い場所でもあります。そのため、害虫が発生しやすくなり、植物や花が枯れてしまう原因となるのです。

 

このような理由から、日陰に植物や花を置く場合は、密集させないようにすることが重要となってきます。

 

最後の3つ目ですが、アブラムシやダニ対策スプレーを使用するということです。先ほども害虫のお話をしましたが、こまめに気をつけて見ておかないと、あっという間に病気になってしまうことがあります。

 

ですから、1か月に3回、1週間から10日間隔で問題ありませんので、害虫の対策を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク