花壇でガーデニング,花壇,配置場所

花壇でガーデニング

スポンサードリンク

花壇を作ってガーデニングを楽しみたい場合、いくつかのポイントがあります。

 

特に、初心者さんの場合は、いきなり花壇を作ってしまうのではなく、花壇の種類や適した配置場所などについて、ある程度理解してから取り組んだ方が成功しやすいといえるでしょう。

 

それでは、まず、花壇を配置するのに適している場所や条件について、代表的なものを3つご紹介していくことにします。

 

まず1つ目は、水はけが良く、水持ちが良い土を利用するということです。

 

花壇は、一度作ってしまうと移動させるわけにはいきません。ですから、水はけが悪かったり、すぐに土が乾いてしまうようですと、植物や花などを育てていくのが困難になります。

 

そのため、土壌を改良したり、水はけをよくするための手法を用いる必要があるのです。

 

2つ目は、日当たりが良い場所に、花壇を設置するということです。育てる植物によっても条件は変わってきますが、基本的には半日程度日照時間があれば問題ないといえるでしょう。

 

そして3つ目は、風通しが良い場所を選ぶということです。その際、風通しが強すぎてもいけませんし、弱すぎても問題があります。

 

ですから、状況に合わせて、周りに木を植えたり、高さを確保するなどして、工夫するようにしましょう。

 

また、花壇には種類があります。一般家庭で使用する場合は、建物や壁に沿って作るタイプの花壇や、スペースを区切って植え込んでいくタイプの花壇などが適しているでしょう。

 

これらのことを全く無視して花壇を作ってしまうと、後々作り直しということも考えられます。

スポンサードリンク