春の花ガーデニング,チューリップ,クロッカス,ヒヤシンス

春の花ガーデニング

スポンサードリンク

ガーデニング初心者の頃は、年間を通して長く楽しむことができる植物を選んだ方が無難ですが、慣れてくると季節を意識しながら育てる植物に変えてみるとよいですね。

 

その分、楽しみが増えますし、よりオリジナリティーを出すことができます。

 

特に、ガーデニングのハイシーズンと呼ばれている春は、様々な種類の植物を育てることができますので、とても忙しくなる季節でもあります。

 

それでは、春の庭に最適な植物やついてご紹介していくことにしましょう。

 

まず、球根植物としては、チューリップやクロッカス、ヒヤシンス、ムスカリなどがあります。基本的には、秋に植えておく必要があるのですが、ホームセンターへ行くと、芽出し球根が販売されていますので、早春に植えると春に花を咲かせてくれるでしょう。

 

それから、日当たりがよい場所で育てるのであれば、スイートピーやマーガレット、デージー、ストロベリーキャンドルなどがお勧めです。

 

露地植えを行う場合は、地温がある程度上がってから行うことをお勧めしますが、管理をしっかりとしておけば、初心者さんでも育てることができるといえます。

 

春は、たくさん花が咲く季節です。

 

その分、栽培が簡単だったり、鉢植えやプランターなどで育てやすい種類も数多く存在します。

 

ガーデニングは、いつでも始めることができるものではありますが、春から取り組み始めると、より早くガーデニングに慣れることができるのではないでしょうか。

 

もしも、これから何らかの植物を育てようと考えているのであれば、多少は季節も意識して取り組んでみると良いかもしれません。

スポンサードリンク