ハーブの種類と育て方,ラベンダー,バジル,ユーカリ,ローズマリー

ハーブの種類と育て方

スポンサードリンク

ハーブとは、植物の一種です。
食事やお茶に使う事も出来ますし綺麗で良い香りのする物も多いので、ガーデニングとしてハーブを育てたい人も多いのではないでしょうか。
そんなハーブの育て方をご紹介します。

 

ハーブには沢山の種類があり、種類によって育て方も違います。
ハーブの定義は曖昧で、効果もそれぞれ違うのです。

 

有名なハーブと言うと、ラベンダーやバジル、ユーカリやローズマリーなのでは無いでしょうか。
それぞれハーブティーにする事も出来ますし、料理にも使えるハーブですよね。
マリーゴールドやワイルドストロベリー、ミントやカモミールもハーブの一種なのです。

 

ハーブを育てるには、まず、土を用意しなければいけません。
ハーブは水はけのよさと水もちの良い土が良いと言われています。
その為、赤玉土や腐葉土、バーミキュライやビートモスを合わせて植えると良いのではないでしょうか。

 

また、ハーブは地中海沿岸地方で生まれた植物が多いのです。
その為、生まれた地域に合わせてアルカリ性の土が良いと言われています。

 

植え方は、種類によって3種類に分かれています。
すじまき、バラまき、そして点まきです。

 

すじまきは、板等を使って溝をつくりながら撒く方法です。
種子同士が重なり合わないように注意しながら撒いていきましょう。

 

バラまきは、二つ折りにした紙に種子を入れて適当にバラ毎知恵来ます。
種子同士が重ならないように、適度に巻いていきましょう。

 

点まきは、一か所に数粒ずつ、これを部分部分に巻いていくのです。
適度に種子同士の感覚を取りながら、巻いていってください。

 

また、種子からではなく苗を買ってきてそのまま植える人もいます。
バランスよく、小さくてもがっしりしている苗を選ぶと育てやすいのではないでしょうか。

スポンサードリンク