宿根草の育て方,簡単に育てる

気楽にガーデニング/宿根草の育て方

スポンサードリンク

宿根草は、簡単に育てる事が出来る、毎年花を咲かせる事が出来る植物としてガーデニングでとても人気なのです。
年々魅力的な花となっていきますし、育て方が簡単な花も多いのではないでしょうか。
そんな宿根草を育ててみたいと思いませんか。

 

宿根草を育てるときに大切なポイントは4つあります。

 

まず、植える場所を良く考える事と草丈、花期を知っておく事、株間を広めに取っておく事と枯れても育て続ける事です。

 

宿根草を育てる場所は日当たりと風通しが良い場所が適しています。
長年育てる事になるので、十分な間隔を開けて育てましょう。
宿根草は、株がどんどん成長していくので間を広く取る事が大切なのです。

 

植え付け時期は10月が最適だと言われていますが、花と草の時期に合わせると良いのではないでしょうか。
草丈と開花の時期を知る事で、より育てやすくなるのです。

 

また、宿根草はもし上部が枯れてしまっていても株部分はまだまだ生きているのです。
その為、枯れたからといって諦めずにそのまま育て続けて下さい。

 

水やりは土が乾きすぎないように、種類によっては湿気を嫌うので、水の与え過ぎには注意をしながら植えて下さい。
夏は暑いので、湿気対策をしっかりと取り風通しを良くして下さい。
風通しの日蔭が、宿根草には一番良い空間なのかも知れませんね。

 

定期的な株分けも良いでしょう。
株が込みあっていると育ちにくくなってしまうので、定期的に株分けをすると良いでしょう。
しかし、品種によっては株を分けると花が咲き難くなってしまう場合もあるので、品種を見極めたうえで株分けは行ってください。

 

基本的には育てやすいと言われているのが、宿根草の特徴です。
ガーデニング初心者の人や長年ガーデニングを楽しみたい人は、宿根草を育てて見ては如何でしょうか。

スポンサードリンク