庭のガーデニングデザインについて

庭のガーデニングデザインについて

スポンサードリンク

すでに参考にしているデザインがあったり、イメージが出来上がっている場合は、そのまま自宅の庭に合わせて、デザインを決めていけば良いでしょう。

 

しかし、初めてガーデニングに挑戦する場合、どのようなデザインにすれば良いのか悩むものです。

 

このような場合の対処方法ですが、まず紙に書き出してみることをおすすめします。
非常に細かく決める必要はありませんが、視覚化することでおおよその完成図が分かるようになります。

 

 

また、頭の中で思い描いただけで、すぐにガーデニングを始めてしまうと、
後から取り返しのつかないことになりかねません。

 

ちなみに、ある程度、草花の配置や、花壇の配置、庭木の配置が決まったら、
実際に色をつけて眺めてみましょう。そうすることによって、全体のバランスや配色がイメージ通りとなっているかが一目で分かるようになります。

 

このように、レイアウトや配色を決めてから、いよいよ実際の作業に移るわけですが、
庭の面積が限られている場合は、少々工夫が必要となります。
なぜなら、木や花の植え方によっては、庭が狭く見えてしまうからです。

 

窮屈な感じになってしまうと、どうしても印象が悪くなりますので、庭を囲うようにして木を植えたいのであれば、小さめの木を活用しつつも、庭の内側に大きめの木を植えるようにすると良いでしょう。

 

そうすることによって、実際の面積よりも広く見せることが可能となります。

 

また、大きめの木は、庭の中心に植えるのではなく、左右のどちらかに寄せて植えるようにすると、
バランスのとれた美しい庭となるでしょう。

スポンサードリンク