ガーデニングデザイナーの仕事、空間、役割

ガーデニングデザイナーの仕事

スポンサードリンク

ガーデニングデザイナーという職業を知っていますか。
ガーデニングと言う物は個人で行うばかりがガーデニングでは無いのです。

 

個人の家の庭や公共の公園など、様々な空間のガーデニングデザインをするのがガーデニングデザイナーの仕事です。

 

ガーデニングデザイナーの主な仕事は設計です。
庭の広さや理想の雰囲気など、様々な事を考えながら庭の設計をしていきます。

 

その為沢山の知識が必要となってきます。
設計の知識だけではなく植物や花、ガーデニングに対する知識がないとしっかりと庭の設計を吸うr事が出来ないのです。

 

その為、ガーデニングデザイナーになるためには造園や園芸関係の学科に入学して、しっかりと庭について学ぶ必要があります。
他にも建築科のある学校であれば、庭や植物についての勉強をする事があるでしょう。

 

ガーデニングデザイナーは、資格がある仕事ではありません。
しかし最近は、ガーデニングデザイナー認定制度という資格が出来ました。
この資格を所持ている事で、一定レベル以上の知識のあるガーデニングデザイナーとして信頼されると言う事です。

 

他にもガーデニングデザイナーの資格として、グリーンアドバイザーや園芸装飾技能士、造園施工管理技士、造園技能士等があります。
これらの資格が無ければガーデニングデザイナーになる事が出来ない訳では有りませんが、取得をする事でガーデニングデザイナーのスキルアップに繋がるのではないでしょうか。

 

ガーデニングデザイナーが働く事が出来る場所は限られています。
主に設計事務所を中心に、園芸店や造園会社で働く事が多い仕事なのです。

 

ガーデニングデザイナーは、植物や花が好きであると言う事が第一条件にあります。
他にも設計をする事が好き、デザインやアドバイスをする仕事をしたいという人が向いている職業なのではないでしょうか。

スポンサードリンク